エックスサーバーの設定方法

今回はエックスサーバーの申し込み方法と登録の流れを図解で紹介していきます。エックスサーバーには「X10」「X20」「X30」の3つのプランが用意されています。

個人利用でWordPressを利用するのであれば「X10」プランで十分ですが、サーバー料金と初期費用は事前に確認しておきましょう。スペックなども改善されている場合などもありますので、最新の情報を確認しておきます。

エックスサーバー申し込みの手順

まずはエックスサーバーの申し込みページへ移動します。

エックスサーバー


エックスサーバーの申し込みページを開いたら「サーバー無料お試し10日間」という部分の「申し込み」という部分をクリックします。

エックスサーバー登録-1

「お申し込みの内容をお選びください」という部分のタブが「サーバー新規お申し込み」というタブになっているか確認。

エックスサーバー登録-2

それでその下の「1.お申し込み」の部分から「お申し込みフォーム」をクリック。

エックスサーバー登録-3

「サービスのお申し込み」というページになるので、「新規お申し込み」をクリック。

エックスサーバー登録-4

利用規約のページになるので、一番下の「同意する」をクリック。

エックスサーバー登録-5

エックスサーバーお申し込みフォームというページになるので、改めて「新規サーバーのお申し込み」という部分をクリック。

エックスサーバー登録-6

次にサーバーIDを決める画面になりますので、好きなIDを決めて「検索」し、使えるIDである事を確認して「お申し込み」ボタンをクリック。

エックスサーバー登録-7

ここで決める「サーバーID.xsrv.jp」というアドレスが初期ドメインになります。

申し込みフォーム

ここから必要事項の入力になります。前述したように個人利用でWordPressという方のプランは「X10」で十分です。

エックスサーバー登録-8

メールアドレス、氏名、住所、電話番号など必要事項を入力して一番下の「お申し込み内容の確認」をクリック。

エックスサーバー登録-9

最後に申し込みの確認画面になるので、間違いがなければ「お申し込みをする」をクリック。

エックスサーバー登録-10

以上で申し込み登録は完了。

登録したメールアドレスにIDやパスワードが書かれた大事なメールが届きます。大事なメールなので絶対保存。

エックスサーバー登録-11

エックスサーバーの管理画面

エックスサーバーには「インフォパネル」と「サーバーパネル」という2種類の管理画面があります。

「インフォパネル」は登録情報の確認・変更、ご利用期限の確認、料金のお支払い等ができます。

「サーバーパネル」はサーバーの各種設定(メールアカウントの発行・ドメインの設定など)ができます。

それぞれでログインのパスワードなどが違いますので、メールに書かれているパスワードを間違えないようにしておきましょう。

次ははエックスサーバーの料金の支払い方法と自動更新の設定をしていきます。

 

エックスサーバーでの料金の支払い方法と自動引き落とし設定

 

今回はエックスサーバーでの料金の支払い方法と自動更新(自動引き落とし)設定について解説していきます。エックスサーバーでは10日間お試し期間があります。この10日間の間に料金を支払わなければそのまま自動的に解約になります。

この料金の支払いを忘れるとサーバーが使えなくなってしまい、サイトが表示されなったりしますので、忘れない内に料金の支払いをしておきましょう。また、契約期間が終わるとさらに更新が必要になります。この更新も忘れないように自動引き落としの設定もしておきます。

 

エックスサーバーの料金

エックスサーバーの場合個人利用の方はほとんど「X10プラン」を選択すると思いますが、「X10」プランの場合の料金は次のようになっています。

エックスサーバー料金-2

支払い方法は後で選択しますが、「銀行振込」「クレジット」「コンビニ」「ペイジー」の中からお好きな支払い方法を選択する事ができます。

月額の費用とは別に最初だけ初期費用3,000円も必要になります。12ヶ月の契約が一番お得な料金になります。料金高い!と躊躇する方は再度ロリポップとの比較をしてみても良いかもしれません。

エックスサーバーでの料金支払いの方法

エックスサーバーのインフォパネルへログインします。

エックスサーバー
エックスサーバー料金-1

インフォパネルにログインできたら左のサイドバーから「決済関連」という項目の「料金のお支払い」を選択。

エックスサーバー料金-3

料金を支払うIDにチェックをいれて「更新期間」を選択し、「お支払い方法を選択する」をクリック。

エックスサーバー料金-4

前述したように「銀行振込」「クレジット」「コンビニ」「ペイジー」の中からお好きな支払い方法を選択する事ができます。今回はクレジットを選択しました。

エックスサーバー料金-5

キャンペーン中だったようで初期費用が半額になってます。クレジットカードの情報を入力して「カードでのお支払い(確認)」をクリック。

エックスサーバー料金-6

最後に確認画面になるので、間違いがなければ「カードでのお支払い(確定)」をクリック。

エックスサーバー料金-7

以上で料金の支払いは完了です。

エックスサーバーで自動更新設定をしておく

レンタルサーバーの契約終了前にはサーバー側から通知のメールが来るのですが、更新を忘れてしまうと大変なので、できれば自動引落し設定をして自動更新されるように設定をしておくのがおすすめです。

 

エックスサーバーでの自動更新設定の方法

無料お試し期間の場合は上記の手順で一度料金の支払いをしておきます。試用期間サーバーアカウントに対して、自動引き落とし設定はできませんので、注意。

インフォパネルにログインして「料金のお支払い」⇒「カード自動引き落し設定」を選択し、クレジットカード情報を入力。

エックスサーバー料金-8

クレジットカードの情報を入力したら下の更新するアカウントにチェクをしれて一番下の「自動引落しの登録(確認)」をクリック。

エックスサーバー料金-9

最後に最終確認画面になるので、間違いがなければ自動引落しの登録(確定)をクリックして完了です。

再度確認のためにインフォパネルにログインして「料金のお支払い」⇒「カード自動引き落し設定」を選択すると「自動引き落し」の部分が「○」となっているはずです。

エックスサーバー自動引落し

以上でエックスサーバーの料金支払いと自動更新(自動引き落し)の設定は完了です。次回は取得した独自ドメインの設定をしていきましょう。