ブログ開始6ヶ月経過!アフィリエイト収入の合計が100万を超えました。

open-my-income

 

公務員を辞めてブロガーとしての道を歩み始めて、はや8ヶ月が経過しました。

今日までの私のブロガーとしての歩みをおさらいするとこんな感じです。

 

04/01 ブログで稼ぐ方法についての情報収集開始

04/15 『子育てブログ』を始める【アドセンスブログ】

06/25 行き詰まりを感じ、一旦、運営の仕方を考え直すことに

アクセス数が増えない
広告収入が増えない(アドセンス収入合計227円)
⇨ 『無意識の内に記事数を増やすことが目的になっていて、発信内容がバラバラに』

06/29 発信内容を絞った『超特化型ブログ』を新たに運営することに。

⇨ 収益化を【アドセンス】では無く【アフィリエイト】で行うことに。

09/29 ブログ運営開始3ヶ月目で報酬額合計30万達成。

12/01 ブログ運営開始6ヶ月目で報酬額合計100万達成。

 

ほんまにお金、振り込まれるの〜!?なんか稼いでる実感ないけど。

なーんて、妻からは言われていました(笑

 

ブログアフィリエイト開始6ヶ月経過時点での合計収入は?

 

毎月コツコツと記事を戦略的に増やしていき、気がつくと6ヶ月経過時点(12/04時点)

total-affili-benefit

 

 

合計報酬額が100万を超えました(^o^)/

 

アフィリエイトブログはいわば『資産』のようなもの

 

これはどういうことを意味するかというと、

一度稼げるブログを作ってしまえば、そう簡単には収入は減らない

ということです。実際に私のブログ収入はこのように推移しました。

  • 07月:  30,000円
  • 08月:  42,000円
  • 09月:256,000円
  • 10月:244,000円
  • 11月:395,000円

 

今回は2つ目のブログということでかなり狙いにいっての結果です。

特に注目すべきは3ヶ月目の結果です。8月に比べると桁違いに収入が増えていますね。

これが、理想的なブログアフィリエイトの収入モデルだと思います。

 

で、肝心の作業量とどういう関係があるのかもお見せしますね♬

  • 07月:  30,000円(24記事)
  • 08月:  42,000円(15記事)
  • 09月:256,000円(14記事
  • 10月:244,000円(13記事)
  • 11月:395,000円(14記事)
  • 12月:
  • 合計:967,000円77記事

 

前半の2ヶ月間で約40記事も書いています。詳しくはここでは書きませんが、コンテンツとしては9月の中旬、約50記事くらいでほぼ出来上がりの状態です。

 

私のブログのアフィリエイト収入。その推移と記事数からわかること

 

これから『ブログで稼ごう!』と考えている人に一番理解してほしいコトです。

・アクセスが集まるまでは収入など入るわけも無く、淡々と書き続ける気力が必要

・事前に戦略的に決めたアフィリエイト案件とキーワードがあれば短期間での収益化は可能

 

ここまで狙いにいって短期間で収益化できたのは自分でも驚きしかありませんでした。

でも、1つ目の『子育てブログ』での失敗を十分に踏まえて、アフィリエイトしたい案件と狙うキーワードを戦略的に決めたことが勝因です。

事前の準備がきちんと出来たことで、毎日の作業に迷いが無く、スムーズに記事を書くことが出来ました。

 

私が自分のアフィリエイト収入を公開した理由

 

この『あきぶろぐ』を作った理由とも関係するのですが、『自分の得意分野の情報をブログで発信して稼ぐ』ことは『ブログ初心者』でも十分可能であることを示したかったからです。

『始めに読んでほしい記事』でも書いていますが、私はフリーランスになったからと言って自由な時間がたくさんある人間ではありません。

  • 共働きであることから2歳と5歳の子供の保育園の送迎や家事
  • Amazon輸出の仕事
  • 子供が寝てからは基本的には仕事はしない

 

上記3つの制約があるため、作業時間がそれほど多くないことはお分かりいただけると思います。

また、アフィエイト収入が多いのは扱っている案件が少し特殊であることも起因していますが、一つの成功モデルになることに変わりはありません。

なので、私のように『ブログで稼ぐ』ことはこんな人におすすめします。

・日々の子育てや家事に時間を取られ、時間的制約がある仕事に就けない

・本業があるが、もう少し副収入がほしい

・アルバイトをしながら別の収入源がほしい

・子育てが一段落し、自分の強みを活かして収入を得たい

・リタイアした後、自分のスキルを活かして社会と繋がりを持ちたい

 

スポンサードリンク